手芸用品を学ぶ

リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントへ東洋の絹を最初に輸入した国が日本

リバティプリントへ東洋の絹を最初に輸入した国が日本 リバティ社との繋がりは1978年に日本向けに輸出販売が開始されて、最初に東洋の絹が輸入された国として、1981にはプロジェクトチームも発足され、1999年にはリバティ・スタイル展などが開催され現在においても深い繋がりがあります。
リバティ社の創設者アーサー・リバティは英国バッキンガムシャーのチェシャムで生まれ1874年に商売のノウハウを得て独立し、日本の少年などの店員と東洋の装飾品や美術品を販売して、後に英国でのファブリック生産で事業拡大し、既製のファブリック輸入で独自の無地染を始め現在のリバティプリントへと至ります。
独創的で繊細なファブリックはロンドンで評判となり、お洒落デザインは才能あるデザイナーへと引き継がれ、1875年にリバティ社として設立されました。
現在あるリバティは百貨店は歴史を経てリニューアルオープンもされ、常にトレンドを発信し続けるリバティプリントは日本のみならず、世界中から愛されています。

リバティプリントが日本に渡るまで

リバティプリントが日本に渡るまで リバティの始まりは、創業者のアーサー・ラセンビィ・リバティ氏が1875年に小さな店舗を開いたことです。
この店がやがてリバティ百貨店へと発展してゆくのですが、実は当初、日本や東洋の装飾品や美術品、織物類を扱っていました。
つまり創業者は日本の製品をとても気に入っていたのです。
ただ、日本や東洋の織物は繊細で傷みやすかったため、より丈夫な東洋風の織物の生産を試みるようになります。
そして1917年にリバティ氏がなくなった後もリバティの織物部門は成果を上げつづけ、独特のプリント生地はリバティプリントとして世界に名をはせるようになります。
ただ、そのリバティプリントの原初に関係があるとも言える日本にリバティプリントが渡るまでには歳月を要しました。
日本に向けて輸出が開始されたのは1978年になってからです。
その10年後の1988年に英国と日本が共同出資したリバティジャパンが設立されました。
以降、リバティプリントでは日本でも多くのファンを得てきたのです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>  
 
Copyright (c) 2016 手芸用品を学ぶ. All rights reserved.