手芸用品を学ぶ

リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントで小物を手作りしてみよう!

リバティプリントで小物を手作りしてみよう! リバティプリントの特色の一つは縫いやすさです。裁縫に慣れていない方は小物からトライするのがおすすめです。
リバティプリントは柄の存在感がしっかりしているので、小物でもとても見栄えのする仕上がりになります。
ポーチや巾着袋、がま口などの袋物にはぴったりです。感触がいいのでブックカバーにも適しています。
小物全体をリバティプリントで仕立てるのももちろん素敵ですが、本当に細かい端切れしかない場合などは無地の中にアクセントとして取り入れるのもしゃれた雰囲気になります。
他に細かい端切れの活かし方としては、くるみボタンがあります。くるみボタンキットを買えばリバティプリントのくるみボタンが作れます。
それをそのままボタンとして使えば服やバッグなどのおしゃれなアクセントになります。またくるみボタンにアクセサリーのパーツをつけることで、ヘアゴム、イヤリング、ブローチなどが作れます。
くるみボタンはマグネットにするのも楽しいものです。

リバティプリントは裏地に使ってもお洒落!

リバティプリントは裏地に使ってもお洒落! 女性を中心に特に人気のリバティプリントですが、好みのファッションの傾向によっては、メインのアイテムとして取り入れにくいという事もあるでしょう。
そういった時には、服や小物の裏地に使ってみるというのもオシャレでお勧めです。
普段はシンプルな見た目に装っていても、ちょっとしたときに裏地が見えるとリバティプリントならではの花柄が出るというのは、控えめなオシャレポイントとして魅力的です。
花柄が好きな女性と男性のそれとないペアルックとして、男性には裏地に取り入れてお揃いにするという事もできるでしょう。
特におすすめは、バッグなどの裏に使う方法です。すべてが花柄のプリントでは女性らし過ぎて、持っていくのにあわない場所なども多いでしょうが、開けた時にちょっと小花柄がのぞく程度なら、女性らしさをそれとなくアピールできてオシャレです。
このように、前面に出して見せるだけではなく、控えめながらも好きなリバティプリントを取り入れておしゃれを楽しみましょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>  
 
Copyright (c) 2016 手芸用品を学ぶ. All rights reserved.