手芸用品を学ぶ

リバティプリントに関する情報が満載!

とにかく生地が良いリバティプリント

とにかく生地が良いリバティプリント リバティプリントの魅力は、何といってもその生地の良さにあります。
まず、しなやかなのでとても縫いやすく、ミシンの縫い目がきれいに入りますので、初心者の方でもきれいに縫い上げることができます。
また、綿100%なのですが、ゴワゴワすることが全くなく、とても手触りが良いのです。
そしてまるで絹のような風合いがあるのが、リバティプリントの大きな魅力です。
また天然素材ですので、とても肌に優しいのもうれしいです。
チクチクしたりすることがありませんので、子供服を作るのにも、とても適した生地です。
また、綿素材のものは、洗濯による縮みが心配ですが、リバティプリントにはその心配がありません。
縫い始める前に水を通すだけで、それ以降は洗濯しても縮むことはないのです。
また、しわになりにくいため、アイロンをかける必要がほぼありませんので、日常のお手入れもとても楽に済みます。
生地の風合いもよく、実用性もあり、その上素敵なデザインがたくさん揃っている。
リバティプリントの人気の秘密は、そんなところにあるのかもしれませんね。

アーサー・ラセンビィ・リバティの生い立ち

アーサー・ラセンビィ・リバティの生い立ち リバティプリントは、リバティ社の歴史でもあり、リイギリスのロンドンにあるリバティ社のオリジナル生地になります。
歴史は1870年代に始まり、アーサー・ラセンビィ・リバティが起こしたビジネスが起源です。
アーサー・ラセンビィ・リバティの生い立ちは、1843年、イギリス バッキンガムシャーのチェシャムで生まれました。
19歳になると、知人の紹介でおよそ10年間の会社勤務を行います。
1874年、家庭用品やファッションのスタイルを変えたいと思い31歳で独立を決めてビジネスを始める事を決意しました。
当初は、 小さな店舗のためリバティが雇っていた人は16歳の少女と日本人の少年だけになります。
しかし、1875年にオープンした店舗は、ファブリックや日本や東洋の装飾品、美術品などを販売していました。
日本への輸入は、1987年にリバティプリントの布地の輸出販売からはじまります。
今では、国内の大手百貨店、大手手芸ショップ、ネット通販などで販売されているようです。
現在は、リバティは独自の存在でファッションの最先端に位置しています。
生い立ちから1975年には、リバティは創立100周年を迎えました。
常に革新的、最高のデザイナーを求め彼らと力を合わせる事で、アーサー・リバティの理念はいまだに生き続けているようです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>  
 
Copyright (c) 2016 手芸用品を学ぶ. All rights reserved.