手芸用品を学ぶ

リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントに合うデザインとは

リバティプリントに合うデザインとは 1870年代にイギリスで生まれたリバティプリントは、植物や動物などの自然をモチーフにした柄が特徴的なテキスタイルです。
その可憐で清潔感のある柄の特徴から、一番にはフェミニンなデザインとの相性が良いと言えます。
ワンピースであればAラインやノースリーブ、パフスリーブ、ボートネックなどロマンティックな女性らしさを感じさせるデザインで持ち味がいっそう引き出されます。
また華やかでカラフルな色彩は落ち着いた色味と合わせるときのさし色としても使えます。
ステンカラーコートの裏襟や見返しなど、脱いだときや動きに合わせてちらりと見えるような場所での使用でもしっかり女性らしさをアピールできます。
一方メンズのカジュアルシャツもアパレル業界では取り上げられるアイテムで、ノーネクタイで着るときのジャケットのインナーや、単品で白いパンツなどとの相性も良いです。
リバティプリントは代表的な小花などの春夏をイメージするものは薄物で、ダークカラーがベースになったものやコーデュロイなどの素材は秋冬やメンズにも取り入れやすく、幅広いデザインで活用できるテキスタイルです。

リバティプリントに合うデザインの傾向

リバティプリントに合うデザインの傾向 リバティプリントの特徴は、なんといっても細密な小花の全面柄です。
もともとはアールヌーボー様式を取り入れた曲線的で細緻な花柄を指しましたが、いまでは小花柄のプリントを指して言うことがほとんどです。
ほかにも幾何学模様やペイズリー柄などもあり、シルクのような手触りの独特な木綿の生地です。
このリバティプリントに合うデザインの傾向とはどのようなものでしょうか。
 プリントデザイン自体が特徴的で美しいため、この柄を生かすデザインが好まれます。
ワンピースならばAラインやIラインで生地自体の美しさを前面に出すものです。
また、タックやギャザーなどを生かした、ふわりとしたシルエットの布地をたっぷりと使用するデザインのものも多くあります。
ポーチやバッグなどの小物も、やはりギャザーを使った丸みを帯びたシルエットのものが好まれる傾向があります。
 どのような物を作成するにしても、プリント柄自体が上品で美しいため、シンプルなデザインであっても品のある愛らしいものに仕上がるのがリバティプリントです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>  
 
Copyright (c) 2016 手芸用品を学ぶ. All rights reserved.